kohaku

記事一覧(23)

生活に必要でない物(雑貨)の考え方

時々、お客様からお礼のメールを頂くことがあります。とても嬉しい瞬間で、何度も読んでしまいます。そんな時は、こちらが思っていなかったような事を教えてもらえる事があります。あるメールでのやり取りで、お客様にお礼のメールを送ったときの当店の取り扱い雑貨についての文章の一文。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー日々の生活では、必要のないものもあるかもしれませんが楽しい会話や、ちょっと笑えるようなものがあったり、プレゼントしたり、雑貨ならではの役割があるように思います。ちょっと変わった商品で、楽しい会話が生まれ喜んでいただけるとわたくしどもも、本当に嬉しく思います。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーこれが私的な「生活に必要でない物(雑貨)」の考え方でした。しかし、そのメールを送ったお客様から頂いた言葉の方がとても素敵でそれ以来、人の生活にとっての「生活に必要でない物(雑貨)」の考え方を改めるようになりました。私もこれくらい心が豊かな人間になりたいなと思ってしまいました。お客様より頂いたメールに書いてあった文章です。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(一部抜粋)要・不要を言いますと、「生きるのに必要ないもの」というのは日々の生活の中では溢れているものと思いますがそうではなくて、心が潤うこと、見た瞬間に思わずニヤけてしまうこと、意識なく笑顔がこぼれること、ふぉわぁっと嬉しくなること、こういった感覚そのものが、人間の日々の幸せな生命活動、命の力や毎日の心の豊かな恵みを、生み出すのではと思っています。勿論、とても大切な役割を担っている商品だと思います。目が楽しい、心が弾む、へぇ~とウナる、こういったことが人間を芯から喜ばせ、幸せとなって生きる活力となるのではと思っております。なんの病気にも、笑い、笑顔が、一番の良薬だと聞きますし、そういった力を持つ素敵な商品の数々〜・・・(一部抜粋)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー上記のような内容です。「生活に必要でない物(雑貨)」でもちゃんとした役割があると改めて思いました。ただそれが対価や形として、現れにくいだけで、昔から役割があるのです。世の中、無駄なものを極力減らして、毎日の生活を可能な限り節約してという考えですがそれが心の豊かさに繋がらないことは、なんとなくわかっていると思うのですけど。なかなか難しい世の中です。

3年目になると

オープンしてから3年目、WakuWakuも成長期に入っていた。初年度の売り上げと比べると、約3倍になっていて、毎日忙しい日々が続いた。売り上げの好調の原因は、ネットショップによるものだった。実店舗の手助けにと思ってはじめたネットショップは、気がつくと売り上げが伸びていた。当初は、「ネット通販」と呼んでいた。3年目には、実店舗よりもネットショップの売り上げの方が大きくなっていた。店舗を3年やって肌で感じた事は、あたり前だが実店舗は難しいという事、理屈でわかっているというよりも、肌で感じた事が大きい。場所や人とのベストマッチで上手く行けば、当然効率的に安定した資金を得る事ができるが商売の規模や面積を考えれば継続的に売り上げを伸ばすことは難しいと思った。店舗を広げるための、初期投資や家賃の負担が大きいのはやはりデメリットだと感じるようになっていった。この時点では、店の改装や移転も少し考えるようになっていた。しかしコストを考えると、なかなか難しいものがあった。一方、ネットショップは店の認知度を上げる事は難しく、外の情報が入りにくく孤立してしまうが売上を作る事はできた。実店舗とは違い天候や街の人の流れなど、運の要素は少なく楽天などの大型モールは、最初は抵抗があったが、やってみると面白かった。しかし、ネットショップもいずれ飽きられる時代がくるかもしれない、ネットショップに依存したら危ないだろうとも感じていた。(2014年くらいの事)