5周年

5周年をむかえることができた。

お店からスタートし、やっていることも時代とともに形を変えていった。


はじめたときは、5年先のことなどわかるはずもないと思いながら

目の前の事を毎日必死で取り組んでいった。

気がつけば、5年たっていたという感じだった。


しかし、めでたいはずの周年も、なぜか楽しめない自分たちがいた。


仕事も効率化を優先し、作業的な環境になっていた

一生懸命に仕事をしているようで、考える事をやめていた。

新しい事のチャレンジしたり、アイデアや頭を使う事が少なく、肝心な将来への種まきを忘れていた。


頭を使いストーリーを考える仕事は、作業的な労働に比べてやはり大変なような気がする。

だからこそ、働いているようで実は、避けたくなるのだと思う。


(2017年くらいの事)